九州の高菜が美味しい理由

九州の高菜 イメージ高菜漬や辛子高菜に使用される原料は「三池高菜」と呼ばれる品種の野菜です。
アブラナ科である高菜は明治時代に中国より原種が持ち込まれ福岡をはじめ三重・岡山・山形地方で栽培がおこなわれるようになりました。
高菜は野沢菜・広島菜とならび「日本三大漬け菜」と言われてます。
三池高菜は福岡県南部(みやま市周辺)が産地として有名ですが現在では九州各地で栽培され「九州を代表とする特産品」となっております。
三池高菜は春に栽培・収穫し専用のタンクを使用し塩とウコンで漬け込みします。
梅雨時期を経て約4か月間程度かけて乳酸発酵させべっこう色の高菜に仕上げます。
約半年間かけて漬け込んだ高菜の風味を生かしながら「しょうゆ漬」や「油炒め」に調味し製品化しております。